配当利回り

配当利回りは以下の式で計算する。

\[
配当利回り = \dfrac{年間配当額}{株価} \times 100 ( \% )
\]

分母の株価には計算時点での株価を使う。

一般に、投資から得られるリターンにはインカム・ゲインとキャピタル・ゲインの2種類がある。

インカム・ゲインとは、投資元本から付随的に得られるリターンのことである。株式投資の場合は、配当がインカム・ゲインである。

キャピタル・ゲインとは、投資元本そのものの価格変動から得られるリターンのことである。株式投資の場合は、株価上昇益がキャピタル・ゲインである。

配当利回りは、配当というインカム・ゲインだけの率を表している。これは、預金や社債の金利に相当する指標といえる。異なる金融商品のインカム・ゲインを比較する場合などに参考になる指標である。

なお、「利回り」と言った場合は、インカム・ゲインとキャピタル・ゲインの両方を含めて計算する。「配当利回り」は、そのうちの配当だけの利回りという意味である。