株主資本配当率

株主資本配当率は以下の式により計算する。

\[
株主資本配当率 = \dfrac{年間配当額}{純資産} \times 100 ( \% )
\]

株主資本配当率は、自己資本配当率ともいう。

配当性向は単年度の利益に対する配当の割合を表しているが、株主資本配当率は純資産に対する配当の割合を表している。

利益を原資とする配当は、単年度の利益だけを原資にするわけではなく、過年度利益の留保分も含めた利益剰余金が原資になるので、それを考えれば、利益剰余金を含む純資産に対する割合を見たい場合もあるだろう。

また、現在の会社法においては、利益剰余金だけではなく、株主からの払い込み資金の一部である資本剰余金の一部も配当の原資にすることができる(→分配可能額)。それを考えると、利益に対する配当の割合を見ているだけでは不十分という考え方もある。

のようなことから、株主資本配当率を拠り所として配当方針を定める企業も、まだ少数ではあるが出始めている。

株主資本配当率は、以下のように配当性向とROEに分解することができる。

\begin{align}
株主資本配当率 &= \dfrac{年間配当額}{純資産} \\
&= \dfrac{年間配当額}{当期純利益} \times \dfrac{当期純利益}{純資産} \\
&= 配当性向 \times \mathrm{ROE}
\end{align}

この式を後ろから読めば、「株主の投下資本に対してどれだけの利益が生まれ、その利益からどれだけ配当されるか」と読むことができる。